FC SOLLUNA
ブログ

バビーサッカー

みなさんは「バビーサッカー」をご存知でしょうか。「バビーフットボール」ともいわれていますが、これはサッカー大国のアルゼンチンで普及しているミニサッカーです。

パスやトラップなどの基礎練習を主としつつも、実践的な技術や判断力については、バビーサッカーのゲームによって覚えていきます。

 

メッシも経験したバビーサッカー

 

アルゼンチンではジュニア世代のテクニックや判断力の習得のためにバビーサッカーを用いています。これを経験することにより、4号球、5号球とカテゴリーが上がるにつれて、繊細でパワフルな技術が習得できていくのです。世界に通用するスピーディで正確なプレーの基礎は、まさにバビーサッカーで培われているといっても過言ではありません。

実は、名選手メッシもバビーサッカーを経験しています。それだけでなく、現在アルゼンチン出身代表やヨーロッパで活躍する選手の多くが、少年期にバビーサッカーを経験しています。アルゼンチンの子どもたちがサッカーの夢を追っていくためのステップなのです。

 

日本ではあまり知られていない

 

日本では、ジュニアへの指導といえば技術面が先行していることが大半です。そのため、実践形式の試合になると、ルールやポジションの役割を知らずにプレーしている子も見受けられます。また、普段はトップをやっている子が別のポジションに変わったとたんに全く動きが分からず、戸惑ってしまう場合もあります。

 

一方、海外ではサッカーを始めると同時にルールも覚えるのが一般的です。ポジション毎の基本的な動きや役割を座学を通じて理解し、判断しながらプレーをすることで、「なぜその動きになったのか」「ここでどう動くべきか」という考えに幅をもたせることができるようになります。

 

子どもの能力を伸ばすにはバビーサッカーがGOOD

 

バビーサッカーは、子どもにもルールが分かりやすい楽しいゲームです。ゲームを通じて、より早く判断する訓練を重ね、ゲーム感覚を研ぎ澄ませていきます。小人制のゲームになりますので、一人一人が活躍できる機会が増え、ボールにたくさん触れることができます。シュートをねらうタイミングも多く、「ゴールできた!」という成功体験にも恵まれます。ゴールは至極の成功体験として、子どもたちの自己肯定感、自尊心を高めていきます。

 

運動能力が最も伸びるゴールデンエイジ前後の子どもたちに、サッカーの楽しさを知ってもらい、ゲームの本質を体感してもらう絶好のツールがバビーサッカーです。

長い人生で、サッカーを続けていくうえでも大きな財産になります。

当サッカースクールでは、お子様の年齢と発達段階を考慮しながら、先駆けてバビーサッカーも取り入れて上質の指導を提供しております。